メール派と通話派

今では電話よりメールで用件を伝える人が増えています。ちょっとした用件なら、わざわざ電話をかけずともメールのやり取りだけで意思の疎通は計れます。この傾向は若い人だけかと思いきや、そうではなく、年配者もメールをフル活用しています。

メールの利点は、相手の都合を考慮することなく、用件を的確に伝えることができる点でしょう。しかし、私はメールが苦手です。なぜなら、自分の言いたいことをうまく伝えることができないからです。文字だけでは誤解を招くことが多く、こちらの考えがしっかり伝わっているかも不安になります。

一方、電話は相手の声で理解してくれたかがわかりますし、微妙なニュアンスも伝えやすいです。友人との電話はあっという間に時間が過ぎてしまいます。話題も豊富で尽きることがありません。時計を見てそろそろ切ろうかとなる始末です。だから、電話で話すときは何かをしながらではなく座って話すのが、私の流儀です。

もちろん、外出中などはメールで受け答えをする方が便利なこともあります。メールは時間のないときや外にいて連絡するとき、電話は家にいてちょっと長く話したいときと使い分けています。

会話は言葉を伝える以外に、動作や表情、その場の空気感や雰囲気も大切です。だから私は顔を合わせて話すのが一番だと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です